岡山大学山岳会・岡山大学山岳部

ネパール西部・ダウラギリ地域の学校と村落支援・交流活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ⅴ海外遠征の記録(大森)

Ⅴ 海外遠征の記録

1967年9月~1968年1月
部員磯部広勝単独でランタンヒマール、エベレスト山群、ガネッシュヒマール、ダウラギリヒマール等の幅広い範囲の踏査を行う。


1973年3月~5月
ガネッシュ、ダウラギリ、ランタン山群の予備調査を行うため踏査隊を派遣する。

隊長/石原武美(OB)
隊員/小倉英郎(OB)・川口憲二・北原孝・福尾英一


1975年1月~5月ダウラギリⅤ(7618m)初登頂
岡山大学ネパールヒマラヤ学術登山隊に参加、未踏峰で魔の山と知られていたダウラギリⅤ峰(7618m)挑戦。
同年5月1日、隊員森岡政明(OB)とシェルパのペンバ=ツェリンの二人が初登頂に成功する。

登山隊長/楳木栄一(岡山大学教授)
登攀隊長/定金司郎(OB)・医師/湯本泰弘(OB)
隊員/石原謙・山崎源三郎・小倉英郎・青木重夫・功野勝・平塚広志・川口憲二・森岡政明(以上OB)・市川徳和・黒田治久・溝畑宏道

D5.jpg
1975年5月1日ダウラギリⅤ峰頂上に立つ森岡隊員


1979年8月~10月ラプサン・カルポ(7110m)初登頂
岡山大学山岳会ネパール合同登山隊として未踏峰ラプサン・カルポ(ガネッシュ・ヒマールⅢ峰7110m)に遠征。1979年10月19日、小倉英郎(OB)、ペンバ=チェリン(ネパール隊員)が初登頂に成功、第二次アタック隊で江口真二(OB)、前田光康、ミンマ=テンジン(ネパール隊員)、第三次アタック隊で北原孝(OB)、横尾信も登頂に成功する。※ガネッシュ・ヒマールⅡ峰7150m(旧)はネパール政府観光局により7110mに標高改正され、現在はガネッシュ・ヒマールⅢ峰となっている。

登山隊長/大森武生
登攀隊長/小倉英郎
隊員/北原孝・黒田治久・江口真二(以上OB)・前田光康・横尾信・ペンバ=チェリン・ミンマ=テンジン(ネパール隊員)

GN2GN2SE
ラプサン・カルポBC(山頂は尾根の奥にある) / 南東稜を登る横尾隊員
GN2S.jpg
日ネ・岡大旗と頂上に立つ小倉登攀隊長 (左奥にマナスル)


1986年8月~10月トリプラ・ヒウンチュリ(6553m)初登頂
岡山大学山岳会ネパール・ヒマラヤ遠征隊として未踏峰のトリプラ・ヒウンチュリ(6553m・Hanging Glasier Peaks)に遠征。1986年10月17日、畑典之、時本堅、アン=プーリ=ラマ(シェルパ)が初登頂に成功する。

登山隊長/田中源三郎(OB)
登攀隊長/畑典之(OB)
隊員/時本堅・小早川俊祐(以上OB)・山崎裕晶

TH.jpg
在学生主体で計画を進めた未踏峰だった。右の岩稜から頂上へ達する。


1990年4月~7月ガッシャブルムⅠ峰(8068m)西稜初登攀
岡山大学山岳会カラコルム遠征隊としてガッシャブルムⅠ峰(Hidden Peak・パキスタン・カラコルム山域・8068m)に遠征。バルトロ氷河の最奥、約5kmにわたる長大な未踏の西稜に挑戦し、1990年7月16日、片山貴寛(OB)、山根智弘、ハイポーターのラジャーブ=シャーが登頂に成功する。

総隊長/武田昌策(OB)
登山隊長/黒田治久(OB)
医師/渡辺泰彦(OB)・佐藤倫由(山岳会以外から参加)
隊員/石原謙・片山貴寛・財津智英・東善弘・田尻英彦・山崎裕晶・坂元賢次(以上OB)・中川広幸・山根智之

G1.jpg
8000M峰の未踏ルートを求めて登ったG1(山頂から左に西稜が下りる)
G1_ridge.jpg
西稜7000M付近のプラトーを登る


[ 2013/10/25 12:04 ] 岡大山岳会の歩み | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Categories
  • 山岳会からのお知らせ(1)
  • 山岳会員の山行報告(5)
  • 山岳会員の写真投稿(0)
  • ネパール学校・村落支援(12)
  • 岡大山岳会の歩み(7)
  • 岡大山岳会海外遠征記録(0)
  • ネパールトレッキング記録(18)
  • 大山山の家 利用案内(1)
  • 山岳部の合宿報告(0)
  • その他もろもろ(5)
Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

Weather


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。