岡山大学山岳会・岡山大学山岳部

ネパール西部・ダウラギリ地域の学校と村落支援・交流活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネパール学校支援第3回とダウラギリ縦断計画(山崎)

出国まで1か月余りとなったので、今回の旅のイメージをまとめてみた。学校支援は3年目で今回は3つの学校へ行く予定。今回からは物資支援のみでなく、天体望遠鏡を持って行って観測方法を授業する等さらに踏み込んだ関係を探る。金銭寄付ではなく、現地で物資調達して自分たちで運んで持って行き、運用まで毎年継続して支援する原則は変わらない。

実用的な生活支援と教育支援が村落支援の両輪である。インクカートリッジや用紙などのサプライ製品・消耗品は自分たちの村で購入できるような収入源確保の支援、例えば村特産品として蜂蜜を生産・製品化・供給する事業化支援なら、岡山県の養蜂産業が支援できるはずだ。家畜の糞尿や残飯から発生するメタンガスで発電する仕組みも、低予算で可能なので村単位・家単位で整備可能だ。ガスを発電に使わず調理に使えば森林資源保護にもなる。

毎年現地での人脈も拡がっているので、今後も方向性を維持しながら可能性を探りたい。

2012Nepal00.jpg
ダウラギリ縦断コースは、一昨年のランタン谷~ゴサインクンドと並んで、将来の県岳連トレッキング定番ルートとしたい。今回は全て自分で手続きして1人あたり28万で20日間の費用となった。一般のトレッキングツアーならば50万くらいだろうか。ランタン谷~ゴサインクンドは県岳連とアルパインツアーサービス社との協力で、1人あたり32万で21日間、これも一般ツアーならば50万以上かかっただろう。

仲間同士で手作りのトレッキングを安く実践し、余裕が出来た分を幾らかでも現地支援に使えれば理想的だと思う。


2012Nepal01.jpg
Day01(10/18THU) 岡山→ソウル Okayama09:45→Seoul11:20(KE748)

2009年のメラピーク登山時に泊まったベストウェスタンHOTELの予定。周りには定食屋が少しある程度の寒々しい街。メンバーの希望次第では地下鉄でソウルのダウンタウンへ。その時は旧友に会えるかな。岡山の仕事現場とのメール連絡が忙しいと思われる。焼肉食ってジムに行きたい。帰りの宿泊予約を忘れずに。



2012Nepal02.jpg
Day02(10/19FRI) ソウル→カトマンヅ Seoul08:40→Kathmandu12:25(KE695)

今年も住み慣れた(?)ラディソンHOTEL滞在。ネパールの友人たちに再会できる\(^o^)/また会えるとは、素晴らしい。ロールワリントレックのスタッフと全般の打合せやシェルパとの打合せ、保険手続き後、装備と食糧の確認(事前にシェルパに購入を指示)。この日も岡山の仕事現場とのメール連絡が忙しいと思われる。ここでもHOTEL内のジムへ行く予定。



2012Nepal03-1.jpg
2012Nepal03-2.jpg
Day03(10/20SAT)
カトマンヅ→ポカラ→ダルバン
Kathmandu→Pokhara→Beni→Darbang



2012Nepal04-1.jpg
2012Nepal04-2.jpg
Day04(10/21SUN)
ダルバン→ダラパニ
Darbang→Dharapani

2010年の支援活動ツアーでダラパニの村外れに入るところ。予想外の歓迎式典が用意されていて、楽団まで出ていた。『村人1000人のうち800人は集まってます』と村長が自慢した。



2012Nepal05-1.jpg
2012Nepal05-2.jpg
Day05(10/22MON)
ダラパニ滞在(セリキサニ校サポート・一部は対岸のネット中継地ビムへ)
Dharapani Stay

Shree Kisani Secondary Schoolは3年目、今年からは新しいステージである。写真は2010年の歓迎の様子。校庭でお祭りとなった。

Shree Kisani Secondary School(Takam-2,Dharapani,MYAGDI,NEPAL)

【2010支援内容】
Computer(2)
Printer(CanonLBP)(1)
ColourPrinter(1)
SolarPanel(130w)(2)
BracketforSolar(2)
ChargeControl(1)
Battery(1)
Brother(1)
TransportSitting(1)
UPS(1)

【2011支援内容】
Projector(1)
Screen(1)

【2012支援予定】
システム運用・メンテナンスのサポート
システム活用・授業内容のサポートへ移行



2012Nepal06-1.jpg
2012Nepal06-2.jpg
Day06(10/23TUE)
ダラパニ→マチム(ダンパンディ校・ブーメ校サポート)
Dharapani→Matim(Dhan Pandgy School+Bhume Primary School)

ファリアガオンとマチムは多分この辺り・・・
今回は支援先学校がまたひとつ増える。写真は2011年のツアーで、岡山大山岳会徳田会長からDhan Pandgy SchoolのRim校長先生に物資が渡されるところ。

Dhan Pandgy School(PhaliyaGaon)

【2011支援内容】
Computer(1)

【2012支援予定】
SolarPanel(追加支援)(1)
Battery(1520ah/12V)(1)


Bhume Primary School(Matim)

【2012支援予定】
Computer(1)
Printer()()
SolarPanel()(1)
Battery(1520Ah/12V)(1)
UPS(1400va/24V)(1)



2012Nepal07.jpg
Day07(10/24WED)
マチム→ムリ(本隊帰路へ)
Matim→Muri



2012Nepal08.jpg
Day08(10/25THU)
ムリ→バガル(ボガラ)
Muri→Boghara



2012Nepal09.jpg
Day09(10/26FRI)
バガル(ボガラ)→ドバン
Boghara→Dobang



2012Nepal10-1.jpg
2012Nepal10-2.jpg
Day10(10/27SAT)
ドバン→イタリーBC(ベースキャンプ)
Dobang→Italian BC

ダウラギリのプチャール壁を仰ぎ見るイタリーBC。この辺りから富士山頂高度を越えて高度障害が自覚され始めるだろう。ここまで1週間かけて高度を上げてきているので、体調さえ良ければそれほど心配ない。

1975年、このイタリア隊BC付近からミャグディコーラ右岸のツォーラボン氷河に入り、その奥のダウラギリ5峰(7618m)の初登頂したのが岡山大学の学術登山隊で、当時は全学・全県から期待されての大遠征だった。その時の登攀隊長もマチムまで本隊として今回一緒に歩く。



2012Nepal11.jpg
Day11(10/28SUN)
イタリーBC→ダウラギリBC
Italian BC→Dhaulagiri BC

我が岡大山岳部がダウラギリ5峰に初登頂したということもあるが、学生時代から憧れの登山家、ヴォイチェフ・クルティカとアレックス・マッキンタイアが東壁をアルパインスタイルで登った記事を『岩と雪』で読んで以来、ダウラギリには特別な思いがある。



2012Nepal12.jpg
Day12(10/29MON)
ダウラギリBC→フレンチパス→ヒドゥンバレー
Dhaulagiri BC→French Pass→Hidden Valley

人類初の8000m峰アンナプルナ主峰に初登頂したフランス隊は、最初はダウラギリ主峰に登るつもりで、フレンチパスを越えてミャグディコーラに入ろうとしたので『フランス人の峠』と呼ばれている。今回の最高度地点5360m。



2012Nepal13.jpg
Day13(10/30TUE)
ヒドゥンバレー→タパパス→ヤクカルカ(本隊帰国)
Hidden Valley→Thapa Pass→Yak Kharka

ダウラギリ主峰に初登頂したスイス隊はBCへの荷上げに飛行機を使い、墜落。今でもその残骸がタパパス(ダンプスパス)に残っているらしい。ここからアンナプルナの手前にニルギリ山群が見えるだろう。ダイラギリ東壁が少しでも見えるだろうか?タパパスを越えて、厳しい雰囲気のミャグディコーラ流域から美しいカリガンダキの谷間に入る。



2012Nepal14.jpg
Day14(10/31WED)
ヤクカルカ→マルファ
Yak Kharka→Marpha

久しぶりにテントではなくロッジに宿泊か?



2012Nepal15.jpg
Day15(11/1THU)
マルファ→ジョムソン
Marpha→Jomsom

コーラや肉料理を食い過ぎて腹をこわす可能性有り。



2012Nepal16.jpg
Day16(11/2FRI)
ジョムソン→カトマンヅ
Jomsom→Pokhara→Kathmandu

カトマンヅに帰ったら、レストラン古都でかつ丼を食することはほぼ間違いない。



2012Nepal17.jpg
Day17(11/3SAT)
カトマンヅ滞在
Kathmandu Stay

タメル近辺をぶらぶらしているだろう。Cafeカルディでネットしてるかも。



2012Nepal18.jpg
Day18(11/4SUN)
カトマンヅ滞在
Kathmandu Stay

最後の夜はパンチャガルかな?友人たちとまた長いお別れである。寂しい。今回出発前から言うのもおかしいが、来年また来るぞ!!



2012Nepal19.jpg
Day19(11/5MON)
カトマンヅ→ソウル
Kathmandu15:40→Seoul00:40(KE696)

参鶏湯・・・



2012Nepal20.jpg
Day20(11/6TUE)
ソウル→岡山
Seoul18:40→Okayama20:05(KE747)

最後に明洞で石焼ビピンパ・・・帰ったぞーJapan。

[ 2012/09/14 19:40 ] ネパール学校・村落支援 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Categories
  • 山岳会からのお知らせ(1)
  • 山岳会員の山行報告(5)
  • 山岳会員の写真投稿(0)
  • ネパール学校・村落支援(12)
  • 岡大山岳会の歩み(7)
  • 岡大山岳会海外遠征記録(0)
  • ネパールトレッキング記録(18)
  • 大山山の家 利用案内(1)
  • 山岳部の合宿報告(0)
  • その他もろもろ(5)
Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

Weather


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。